▼ データベース管理ツール「phpMyadmin4.X」の設置方法 [Actmail]

▼ データベース管理ツール「phpMyadmin4.X」の設置方法 [Actmail]

【注 意】
 設置前に、ご利用サーバーのPHPのバージョンをご確認ください。 
 この手順は、PHPのバージョンが「5.3」以上の場合に限ります。
 PHPのバージョンが「4.4.9」もしくは5.1.6」の場合は、こちらをご参照ください。
  1. phpMyAdminダウンロードサイトへアクセスします

     

  2. Download をクリックします。

  3.  

  4. phpMyAdminのダウンロード
    phpMyAdmin-**-all-languages.zip をクリックします。

    3

     

  5. phpMyAdminプログラムの保存
    ファイルをローカルに保存します。 ※画像はIE9

    4

     

  6.  

  7. phpMyAdminプログラムの解凍
    phpMyAdmin-**-all-languages.zip を解凍します。

    5

     

  8. データの展開
    phpMyAdmin-**-all-languages フォルダが生成されていることを確認します。

    6

     

  9. phpMyAdminのアップロード
    解凍したphpMyAdminプログラムを「phpMyAdmin」とリネームした上で、
    /web 直下へアップロードします。
    phpMyAdmin_ftp

     

  10. phpMyAdmin管理画面へのログイン
    下記URLにアクセスすると、phpMyAdminの管理画面が表示されます。
    MySQL情報を入力し、「実行」ボタンをクリックしてください。

    【URL】  http://example.com/phpMyAdmin/index.php

    8

     

  11. 設置完了
    下記画面が表示されたら、設置は完了です。
    これでphpMyAdminの設置は完了です。
    操作方法については、弊社ではサポートいたしかねますので、その旨、ご了承ください。
    9

     

  12. Basic認証の設置
    phpMyAdminの管理画面に誰でもアクセスできてしまう状態は、セキュリティ上、大変危険です。
    phpMyAdminの管理画面に対して、必ずBasic認証を設置してください。
    ※Basic認証の設置方法はこちら

    phpMyAdmin2.11_baicauth_R
    Basic認証とは
      Webページのユーザー認証方法です。
      アクセスの制限されたWebページにアクセスしようとすると、
      ユーザ名とパスワードの入力を求められます。
      あらかじめ許可されているユーザー名に一致した場合に限り、
      ページを閲覧することができます。