SSL証明書取得(常時SSL化によるWebサイトの保護)

SSL証明書でできること
このようなご要望にお応えします!
  • 自社のWebサイトの信頼度を上げるため、常時SSL化したい!
  • 面倒なSSL証明書の取得から設置、更新管理まで任せたい!

JPRS・デジサート・ジオトラストのSSL証明書の代行取得・サーバーへの設置、更新管理まで提供しております。
SSL証明書とは、Webサイト上で情報のやりとりを行う際、そのデータを暗号化して送受信ができます。

Webサイトを利用して、個人情報や自社の重要な情報のやりとりを行う場合、第三者からデータを覗かれても内容が
わからないようにします。SSL証明書を利用して通信を暗号化することで、盗み見(詐欺を行うための情報や販売のため個人情報の取得など)、改ざん(危険なサイトに転送されたり、マルウェアを埋め込まれるなど)を防ぎます。

さらにWebサイトの運営者が証明書に表示されているドメインの所有者であることを証明できます。
正しいWebサイトへのアクセスを示すことによって、なりすましも抑えられます。
その結果、Webサイトの訪問者が安全に閲覧できるため、自社の信頼性を高められます。

常時SSL化によるWebサイト全体の保護

これまでは、個人情報を入力する一部のページ(ECサイトの決済画面・企業の採用応募の入力画面・資料請求や
お問合わせフォームなど)で SSL証明書を導入して通信を暗号化してきました。

しかし、近年増えている自社を装って個人情報を盗むといった「フィッシング(なりすまし)詐欺など」より高度な
サイバー攻撃に対してサイト内のすべてのページを暗号化する「常時SSL化」して Webサイト全体を保護する
対応が必要になってきました。

SSL証明書の認証方法について

SSL証明書による通信の暗号化は、サイト運営者が提供しなければ、訪問者が利用できません。
また、SSL証明書の認証方法によって信頼性や価格が変わります。

ドメイン認証

SSLサーバー証明書の所有者が、証明書に記載のあるドメインの使用権を所有していることを認証するものです。whoisへ登録されているドメイン情報の確認で発行できます。

企業認証

ドメイン認証+Webサイトの運営企業が法的に実在することを認証するものです。
帝国データバンクなどの第三者機関の登録情報への確認、電話での本人確認後、発行となります。

EV認証

ドメイン認証+企業認証+物理的に実在していることを認証するものです。
会社の登記事項の確認など厳格な確認作業を行った上で発行ができます。
また、EV認証はWebブラウザのアドレスバーが緑になり、視覚的にも安全性がアピールできます。

取り扱い証明書の一覧
JPRSサーバ証明書
機能JPRSサーバ証明書
認証方法ドメイン認証
企業実在性証明×
スマートフォン対応率
携帯電話対応率
暗号化強度最大256bit
SGC×
課金単位ドメイン

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS) https://jprs.jp/pubcert/
  

 デジサート(旧シマンテック・ウェブサイトセキュリティ)

機能セキュア
サーバID
グローバル
サーバID
セキュア
サーバID EV
グローバル
サーバID EV
認証方法企業認証企業認証EV認証EV認証
企業実在性証明
サイト認証
ワイルドカード××××
スマートフォン対応率
携帯電話対応率
暗号化強度40-256bit128-256bit40-256bit128-256bit
SGC××
課金単位ドメインドメインドメインドメイン

デジサート https://www.websecurity.symantec.com/ja/jp/buy-renew?inid=brmenu_nav_brhome

ジオトラスト

機能クイックSSLプレミアムトゥルー
ビジネスID
認証方法ドメイン認証企業認証
企業実在性証明×
スマートフォン対応率
携帯電話対応率
暗号化強度最大256bit最大256bit
SGC××
課金単位ドメインドメイン

ジオトラスト https://www.geotrust.co.jp/

※SGC・・・Server Gated Cryptography(サーバーゲート暗号化)の略で、40ビットや56ビットのSSL暗号化しか
 できないブラウザーで、安全性の高い128/256ビット暗号化通信を実現する技術です。

 

ご質問・お見積のご依頼はこちら

お問い合わせはこちら

障害・メンテナンス情報

障害通知サービス

よくある質問

ご契約後のサポートも
充実しています!
メール設定方法
各種お問い合わせはこちら

オンラインサポート