WordPress

よくある質問 メールに関するトラブル 目的から探す ご利用のサービスから探す ご契約・料金・手続きについて ドメインについて サポートセンターへお問い合わせ

▼WordPressバージョン確認方法~version.php編~

1. FTPツールを用いてサーバーに接続します。

2. wordpress配下に存在するversion.phpをローカルにダウンロードしてテキストで開く。
  ※wordpressのフォルダを「/web/wp/」である場合は「/web/wp/wp-includes/version.php 」になります。

3.「$wp_version」から始まる行を探し、バージョンを確認する。
  ※以下の記述の場合、wordpressのバージョンは「3.9.1」になります。
   ――――――――――――――――――――
   $wp_version = ’3.9.1′;
   ――――――――――――――――――――

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼WordPressアップグレード方法
※本手順はWordPress4.1 から 4.7.2 へアップグレードした手順です。
※2017年2月10日時点で弊社環境におけるWordPress 4.7.2 の動作については確認しておりません。
 

1. WordPress にログイン

2. 以下「更新してください」をクリック

 1.更新してください

3.WordPress 4.7.2-ja 下の「いますぐ更新」をクリック

 2.いますぐ更新

4. 設定情報を参照し以下を入力後「開始」をクリック

・ホスト名   : Webサーバー設定情報 の ホスト名(アドレス)
・FTPユーザ名  : Webサーバー設定情報 の ユーザー名
・FTPパスワード: Webサーバー設定情報 の パスワード
・接続方式   : FTP にチェック

 3.WordPress更新

5. WordPressの更新開始

 4.更新開始

6. WordPressの更新完了(最後の行が「WordPress 4.7.2へようこそ」で終わっていること)

 4.更新完了

7. 自動移動で「WordPress 4.7.2 へようこそ」が表示されたこと

 5.ようこそ

 

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ データベース管理ツールはありますか? [Actmail]
セキュリティソフトウェアの管理上、データベースの管理画面はご用意しておりません。

データベース管理画面が必要な際には、お客様にてphpMyAdmin等のソフトをインストールをお願いします。
手順につきましては、こちらをご参照ください。
なお、データベースを取扱うソフトウェアのため、セキュリティ対策として、必ずBasic認証の設置をお願いします。
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ データベース管理ツール「phpMyadmin4.X」の設置方法 [Actmail]
【注 意】
 設置前に、ご利用サーバーのPHPのバージョンをご確認ください。 
 この手順は、PHPのバージョンが「5.3」以上の場合に限ります。
 PHPのバージョンが「4.4.9」もしくは5.1.6」の場合は、こちらをご参照ください。
  1. phpMyAdminダウンロードサイトへアクセスします

     

  2. Download をクリックします。

  3.  

  4. phpMyAdminのダウンロード
    phpMyAdmin-**-all-languages.zip をクリックします。

    3

     

  5. phpMyAdminプログラムの保存
    ファイルをローカルに保存します。 ※画像はIE9

    4

     

  6.  

  7. phpMyAdminプログラムの解凍
    phpMyAdmin-**-all-languages.zip を解凍します。

    5

     

  8. データの展開
    phpMyAdmin-**-all-languages フォルダが生成されていることを確認します。

    6

     

  9. phpMyAdminのアップロード
    解凍したphpMyAdminプログラムを「phpMyAdmin」とリネームした上で、
    /web 直下へアップロードします。
    phpMyAdmin_ftp

     

  10. phpMyAdmin管理画面へのログイン
    下記URLにアクセスすると、phpMyAdminの管理画面が表示されます。
    MySQL情報を入力し、「実行」ボタンをクリックしてください。

    【URL】  http://example.com/phpMyAdmin/index.php

    8

     

  11. 設置完了
    下記画面が表示されたら、設置は完了です。
    これでphpMyAdminの設置は完了です。
    操作方法については、弊社ではサポートいたしかねますので、その旨、ご了承ください。
    9

     

  12. Basic認証の設置
    phpMyAdminの管理画面に誰でもアクセスできてしまう状態は、セキュリティ上、大変危険です。
    phpMyAdminの管理画面に対して、必ずBasic認証を設置してください。
    ※Basic認証の設置方法はこちら

    phpMyAdmin2.11_baicauth_R
    Basic認証とは
      Webページのユーザー認証方法です。
      アクセスの制限されたWebページにアクセスしようとすると、
      ユーザ名とパスワードの入力を求められます。
      あらかじめ許可されているユーザー名に一致した場合に限り、
      ページを閲覧することができます。

     

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ データベース管理ツール「phpMyadmin2.11」の設置方法 [Actmail]
【注 意】
 設置前に、ご利用サーバーのPHPのバージョンをご確認ください。 
 この手順は、PHPのバージョンが「4.4.9」もしくは5.1.6」の場合に限ります。
 PHPのバージョンが「5.3」以上の場合は、こちらをご参照ください。
  1. phpMyAdminのダウンロード
    「The phpMyAdmin Prohect」のダウンロードページにアクセスします。

     

  2. 「phpMyAdmin-2.11.11-all-languages.zip」をダウンロードします。

    phpMyAdmin2.11_download_1_R

  3. 解凍したphpMyAdminプログラムを「phpMyAdmin」とリネームした上で、
    /web 直下へアップロードします。

    phpMyAdmin2.11_ftp

     

  4. phpMyAdminのセットアップ
    アップロード完了後、http://example.jp/phpmyadmin/ にアクセスします。
    下記画面が表示されたら、続けて 「セットアップスクリプト」をクリックします。
    phpMyAdmin2.11_install_1_R

     

  5. 「Add」をクリックします。
    phpMyAdmin2.11_install_2_R

     

  6. データベース情報の入力
    ①~③に、MySQL情報を入力します。
    ※MySQL情報が必要な場合は、サポートセンターまでご依頼ください。
    phpMyAdmin2.11_install_2_R
    User for config auth ユーザー名 (例:exam_other_user)
    Password for config auth パスワード (例:password)
    Only database to show データベース名 (例:exam_other_db) 

     

  7. 設定ファイルのダウンロード
    「Download」ボタンをクリックします。 phpMyAdmin 2.11.11 setup_2_R

     

  8. ダウンロードした設定ファイル「config.inc.php」を保存します。
    phpMyAdmin 2.11.11 setup_3

     

  9. 設定ファイルのアップロード
    「config.inc.php」を 「/web/phpMyAdmin」 直下にアップロードします。
    phpMyAdmin2.11_ftpupload

     

  10. セットアップの完了
    下記URLにアクセスすると、phpMyAdminの管理画面が表示されます。
    これでphpMyAdminの設置は完了です。
    操作方法については、弊社ではサポートいたしかねますので、その旨、ご了承ください。

    【URL】  http://example.com/phpMyAdmin/

    phpMyAdmin2.11_complete_R

     

  11. Basic認証の設置
    phpMyAdminの管理画面に誰でもアクセスできてしまう状態は、セキュリティ上、大変危険です。
    phpMyAdminの管理画面に対して、必ずBasic認証を設置してください。
    ※Basic認証の設置方法はこちら

    phpMyAdmin2.11_baicauth_R
    Basic認証とは
      Webページのユーザー認証方法です。
      アクセスの制限されたWebページにアクセスしようとすると、
      ユーザ名とパスワードの入力を求められます。
      あらかじめ許可されているユーザー名に一致した場合に限り、
      ページを閲覧することができます。

     

     

     

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ WordPress設置方法
WordPress(ワードプレス)とは
ブログを作成するためのアプリケーションです。
WEBサーバーにインストールすることで、ブログに投稿する感覚でホームページの作成や更新ができます。
設定やテーマのカスタマイズをすることで、企業サイト等にも利用されています。

  1. データベースを用意する
  2. ※MySQL情報をお持ちでない場合は発行いたしますので、こちらからご依頼ください。

  3. phpのバージョンを確認する
  4. ※ご利用のプランによっては最新のWordPressをご利用いただけない場合がございます。

    その場合はプラン変更をご検討ください。

  5. WordPressをダウンロードする
  6. 日本語版ダウンロードページはこちら22_R

  7. アーカイブファイルを解凍する
  8. ダウンロードしたZIPファイルをダブルクリック等で、解凍します。wp4-1

    解凍先に「wordpress」というフォルダーができます。
    003

  9. フォルダー名を変更する
  10. フォルダー「wordpress」を別名に変更します。このフォルダー名がURLになります。
    (例)フォルダー名を「event」にした場合
       サイトURLは「http://example.com/event/」となります。
    renamefolder2

  11. ファイル名を変更する
  12. フォルダー「wordpress」内にあるファイル「wp-config-sample.php」を
    以下のように変更します。
    【変更前】wp-config-sample.php
    【変更後】wp-config.php
    01

  13. wp-config.phpを編集する(データベースの設定)
  14. MySQL情報に記載の3項目を入力し、上書き保存します。
    ① データベース名

    ② データベースのユーザー名

    ③ データベースのパスワードconfig

  15. FTPソフトでファイルをアップロードする
  16. /web配下に「wordpress」というフォルダーごとアップロードします。

    (ここの例では「event」というフォルダー名)
    ftp

    /web配下にフォルダーが表示されていることを確認します。
    ※ファイル数が多いため、時間がかかります。
    ftp2

  17. WEBブラウザーでインストール
  18. WEBブラウザーでアクセスすると、インストール画面が表示されます。WordPress › インストール_R

  19. 設定情報の入力
  20. 画面に従い、必須項目4箇所を入力し[WordPressをインストール]をクリックします。
    ① サイト名
    ② ユーザー名 ※adminは使わないようにしてください。設定後は変更できません。
    ③ パスワード
    ④ メールアドレスインストール2_R

    インストールに成功すると、下記画面が表示されます。
    インスト完了_R

  21. ログインの確認
  22. 先ほど設定したユーザー名とパスワードでログインできることを確認します。ログイン_R

    下記画面が表示されたら、設置完了です。
    あとはページの作成を行ってください。操作方法は弊社サポート範囲外です。ダッシュボード

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4人中4人が「役に立った」と言っています。
▼ WordPress管理画面にBasic認証を設置する方法
  1. .htaccessの作成

    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記を入力します。
    入力後、ファイル名「htaccess.txt」として保存します。

    <Files wp-login.php>
       AuthType Basic
       AuthName "Please enter your ID and password"
       AuthUserFile /home/sites/お客様のドメイン名/htdocs/.htpasswd
       require valid-user
    </Files>
    

    ※4行目に日本語が含まれている場合、文字化けする可能性が高いので注意!

  2. .htpasswdの作成

    ※.htpasswdとは、.htaccessでBasic認証を行う際のIDとパスワードが記述されている
    ファイルのことです。中身は、テキスト形式で1行1アカウントで構成されています。
    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記1行を入力します。
    入力後、ファイル名「.htpasswd.txt」として保存します。

    ユーザー名:暗号化されたパスワード

    パスワードは暗号化がされているため、.htaccessのようにテキストエディタで
    そのままパスワードを記入して作成しても、認証は行えません。任意のパスワードを
    暗号化するためには、こちらの「簡易版パスワード生成ツール」をご利用ください。
    作成すると、下記のような例になります。

    nagoya:PNdiyokIE6mfc
    
  3. FTP接続

    FTP接続し、「.htaccess」と「.htpasswd」をそれぞれの保存先にアップロードします。

  4. .htaccessの保存先

    .htaccessは、wordpressの「wp-login.php」と同ディレクトリ内に設置します。
    【例】下記WordPress管理画面が下記URLの場合
        http://example.com/worpdpress/wp-login.php
    basicw1

  5. .htpasswdの保存先

    /webと同階層
    basicw5

  6. ファイル名のリネーム

    アップロード後、それぞれファイル名を変更します。
    【変更前】htaccess.txt   ⇒ 【変更後】.htaccess
    【変更前】htpasswd.txt ⇒ 【変更後】.htpasswd
    basicw3

  7. 動作確認

    Basic認証をかけたいページにアクセスし、下記のようなダイアログボックスが
    出てきたらアクセス制限がかかっています。
    設定したユーザ名とパスワードを入力し、認証が通るか確認してください。
    basic6

    WordPressログイン画面が表示されたら、Basic認証の設置は完了です。
    basicw2

    認証エラーになる場合は、以下の理由が考えられます。
    1.)「ユーザ名」「パスワード」のタイプミス
    2.)「.htaccess」と「.htpasswd」の置き場所が間違っている
    3.)「.htaccess」に記述した4行目のパスが間違っている

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人が「役に立った」と言っています。
▼ WordPressプラグイン有効化方法
  1. 「WordPress」のログイン画面へ移動します。
    該当の「WordPress」の管理権限を持つユーザーの「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、
    「ログイン状態を保存する」にチェックを入れて[ログイン]をクリックします。

    wp_Login01

  2. 「WordPress」の管理画面が表示されます。「プラグイン」をクリックします。
    (※以下の画面でプラグイン上下の数項目が表示されていない場合、
     管理権限が無いユーザーです。他のユーザーで再度ログインし、改めてご確認下さい)

    wp_Login02

  3. 「新規追加」をクリックし、プラグインのインストール画面を表示します。
    「検索」フォームに目的のプラグインの名前を入力し、[プラグインの検索]をクリックします。

    wp_Login03

  4. 検索キーワードにヒットしたプラグインが表示されます。
    目的のプラグインを探し「今すぐインストール」をクリックします。

    wp_Login04

  5. 確認のウインドウが表示されます。[OK]をクリックします。

    wp_Login05

  6. 接続情報の入力画面が表示されます。
    各項目を埋めて「FTP」を選び、[開始]をクリックします。

    wp_Login06

    入力項目 設定情報から参照する部分
    ホスト名 WEBサーバ設定情報の「ホストアドレス」
    FTPユーザー名 WEBサーバ設定情報の「ユーザー名」
    FTPパスワード WEBサーバ設定情報の「パスワード」

     

  7. 再度「プラグイン」を選び、インストールされたプラグインの「有効化」をクリックします。
    プラグインが有効になると表示が「有効化」から「停止」に切り替わります。

    wp_Login07

  8. これで、WordPressのプラグイン有効化は完了です。
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ WordPressの設置ができません!
設置代行いたしますので、以下明記の上、サポートセンターまでご依頼ください。

・ご契約ドメイン(例:example.com)
・ご希望のURL(例:http://example.com/info/)

なお、ご利用プランのPHPバージョンによってはお受けいたしかねる場合が
ございますので、あらかじめご了承ください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。

お問い合わせはこちら

よくある質問