メールに関するトラブル

よくある質問 メールに関するトラブル 目的から探す ご利用のサービスから探す ご契約・料金・手続きについて ドメインについて サポートセンターへお問い合わせ

▼ 容量オーバーを起こしていた間に届いたメールを受信できますか? [Actmail]
残念ながら、容量オーバーを起こしていた間に送られてきたメールは、
容量オーバー解消後も受信することはできません。

送信者に再送してもらう必要があります。

ただし、容量オーバーを起こしていた間でも
転送設定をしている場合は、転送先メールアドレス宛では受信することができます。

◆ 容量オーバーに関するFAQ
   「容量オーバーの回避方法

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ メール送信できない・送信不可(送信後にエラーメール)

 あて先不明(メールアドレス間違い)  あるいは、あて先サーバーの不具合等が考えられます。
エラーメールに原因が書いてありますので、ご確認ください。

エラーメールの内容が分からない場合は、
そのエラーメールをサポートセンターまで転送していただくか、
「送信元メールアドレス」 と 「あて先メールアドレス」 をサポートセンターまでお知らせください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ メール受信できない・受信不可(受信時にエラー)
メール受信時に、パスワードを求められるなどエラーになる場合は、
以下の原因が考えられます。

【パターン1】

メールソフトの設定に誤りがある可能性があります。
メールソフトの設定で、下記3点が設定されているかご確認ください。
  ・受信サーバー名
  ・受信アカウント名
  ・受信パスワード

メールソフトの設定方法は、こちらをご参照ください。
 解消しない場合は、エラー番号(0X800CCC778など)をサポートセンターまでお知らせください。

 

【パターン2】 ※Actadmin以外のプランの場合のみ
突然、何度もパスワードを求められるようになった場合、
多重ログインによる排他制御でロックがかかっている可能性がございます。
10~15分程度するとロックが解除されますので、メールソフトを終了してお待ちください。
もしくは、サポートセンターまでお問い合わせください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ メール送信できない・送信不可(送信時にエラー)
【原 因 ①】
  メールソフトの設定に誤りがある可能性があります。
  メールソフトの設定で、下記4点が設定されているかご確認ください。
    ・送信サーバー名
    ・送信アカウント名
    ・送信パスワード
    ・送信ポート番号(587)

  メールソフトの設定方法は、こちらをご参照ください。
   解消しない場合は、エラー番号(0X800CCC778など)をサポートセンターまでお知らせください。

 

【原 因 ②】
  突然送信できなくなった場合は、セキュリティソフトの影響の可能性がありますので、
  一旦、セキュリティソフトを無効にした上で、再度送信をお試しください。
  セキュリティソフトを無効にする方法は、各セキュリティソフトメーカー様にお問い合わせください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ メール受信できない・受信不可(メールが入ってこない)
容量オーバーを起こしている可能性がございます。
管理画面にてメールボックスの容量をご確認下さい。 
メールボックスの使用量は、こちら にて確認できます。
容量オーバーを起こしている場合は、こちらをご参照ください。
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6人中2人が「役に立った」と言っています。
▼ エラー番号が表示された場合

送信、受信のいずれかに失敗した場合表示されるエラー番号、及びその対処法の一覧です。

エラーID エラーの原因と対応
0x800c0133 【原 因】 OutlookExpressの受信トレイが破損している可能性があります。
【対 策】 対策は、Microsoft社ホームページ をご参照ください。
      ※ OutlookExpressはマイクロソフトのサポート終了製品です。
0x800CCC90
0x800CCC92

【原 因 ①】 インターネットに繋がっていない可能性があります。
【対 策 ①】 インターネットに繋がっていることを確認してください。
       パソコンやルーターの再起動を行ってください。

【原 因 ②】 メールアカウントの設定に誤りがある可能性があります。
        受信サーバー名、受信アカウント/パスワードあるいは
        送信サーバー名、送信アカウント/パスワードに誤りがないか
        ご確認ください。
【対 策 ②】 
メールソフトの設定内容をご確認ください。

0x800CCC0D 【原 因】 メールアカウントの設定に誤りがある可能性があります。
      受信サーバー名、受信アカウント/パスワードあるいは
      送信サーバー名、送信アカウント/パスワードに誤りがないか
      ご確認ください。
【対 策】 
メールソフトの設定内容をご確認ください。
0x800CCC18

【原 因】 メールアカウントの設定に誤りがある可能性があります。
     パスワード認証形式に誤りがないかご確認ください。
【対 策】 
メールソフトの設定内容をご確認ください。

0x800CCC79
0x800CCC78
【原 因】 メールアカウントの設定に誤りがある可能性があります。
     SMTP認証の設定がされているかご確認ください。
【対 策】 メールソフトの設定内容をご確認ください。
0x800CCC6D

【原 因】 添付ファイルのサイズが大き過ぎます。
【対 策】 送信できるサイズは上限100MB/通です。
     サイズを小さくした上で、再送してください。

0×80004005
0x800CCC15
0×80042108

【原 因】 ウイルス対策ソフトがメール送受信の通信を遮断している可能性が
      あります。
【対 策】 セキュリティソフトを一時的に無効にした上で送受信を行ってください。
      確認後は、ウイルス対策ソフトの設定は元に戻してください。
      改善しない場合は、メールソフトの設定に誤りがないかご確認
      ください。
0x800C012E 【原 因】 メモリ、空きディスク容量の不足
【対 策】 パソコンの再起動もしくは、メールソフトの設定をやり直してください。
0x8004210a 【原 因】
⇒ファイアウォールによる通信阻害
⇒セキュリティソフトによる誤検知

 ファイアウォールを解除してください。
 常駐しているセキュリティソフトを解除してください。
 以上を確認しても問題が改善しない場合、端末を再起動してください。
 また確認後、セキュリティソフトの設定は元に戻してください。

0x8004210b 【原 因】
⇒セキュリティソフトによる誤検知

【対 策】
 常駐しているセキュリティソフトを解除してください。
 以上を確認しても問題が改善しない場合、端末を再起動してください。
 また確認後、セキュリティソフトの設定は元に戻してください。

 0x8004010F  【原 因】
⇒Outlook のアカウント設定とデータファイルが紐づいていない可能性があります。

【対 策】
 [アカウント設定]を開き、[フォルダの変更]右横にパスが表示されて
 いないことを確認してください。
 その後、[フォルダの変更]をクリックし対象アカウントの「受信トレイ」を
 指定してください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ 同じメールを重複受信してしまう。

考えられる原因は下記4点です。

【原因①】メールソフトに同じアカウントが2つ設定されている。
【対策①】アカウントを1つにして下さい。

【原因②】受信サーバー名を変更した。
【対策②】受信サーバー名を途中で変更した場合、メールソフトによっては変更後の初回のみ
     重複受信する場合がございます。

【原因③】メールアカウントが破損している
【対策③】アカウントを再作成することによって改善する可能性がございます。

【原因④】受信中のメールの中にヘッダーがおかしくなったメールがある
【対策④】WEBメール等で該当のメールを削除して下さい。
     その後、メールソフトで受信を行って下さい。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ メール本文は届くのですが、添付ファイルが届きません。

サーバーにて添付ファイルのみ削除することはございません。
添付ファイルがウイルス感染している場合は、メール自体をブロックします。

考えられる原因に、送信者もしくは受信者の利用しているメールソフトが
Microsoft Outlook 2010/2007/2003の場合、以下のような現象が発生することがあります。

  • 添付ファイルがなくなる
  • 追加した覚えのない WINMAIL.DAT という添付ファイルが追加される。
  • 添付ファイルが WINMAIL.DAT というファイルに置き換わる。

この問題はMicrosoft Outlookの問題になりますので、Microsofts社様にお問い合わせください。
弊社ではサポート致しかねます。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ 容量オーバーの回避方法 [Actmail]
容量オーバー時のエラー
 Hi. This is the qmail-send program at kanri108.ktk.gr.jp.
 I’m afraid I wasn’t able to deliver your message to the following addresses.
 This is a permanent error; I’ve given up. Sorry it didn’t work out.
 <exam_002@example.com>: ・・・・・・容量オーバーを起こしているメールアカウント
 procmail: Extraneous locallockfile ignored
 procmail: Extraneous locallockfile ignored
 procmail: Extraneous locallockfile ignored
 User over quota. (#5.1.1)  ・・・・・・・・エラー「容量オーバー」
 – Below this line is a copy of the message.

 

容量オーバーを起こす原因と対策
【原 因 ①】 サイズの大きいメールのやりとりが多い。一時的にサイズの大きいメールを受信した。

【対 策 ①】 Actmail管理画面からメールボックスの割当容量を変更して下さい。
      割当容量変更方法はこちらをご参照下さい。
      ※Actadmin以外のプランの場合は、サポートセンターまでお問い合わせ下さい。

 

【原 因 ②】 メールソフトの設定で、受信したメールをサーバーに残す設定をしている。QuotaOver
       ※「サーバーにメッセージのコピーを残す」設定とは・・・
         1つのメールアドレスを複数台の端末(パソコンとスマホなど)で
          共有して受信する場合に行います。

【対 策 ②】 メールソフトの設定で「サーバーにメッセージのコピーを残す」設定をしている場合、
      メールソフトで受信したメールはサーバーにコピーとして蓄積され続けます。
      そのため容量オーバーを起こしやすくなります。
      下記を参照の上、メールソフトの設定を変更して下さい。     
      ■方法1サーバーにメールを残さないようにする
      ■方法2一定期間後サーバーからメールを削除する

【対 策 ③】 サーバー上の不要なメールを削除してください。
      これによりメールボックスの容量を確保することができます。
      削除したメールはサーバーから完全に削除され、
      メールソフトでは受信できなくなりますのでご注意下さい。
      削除方法には、2通りございます。
      ■方法1WEBメールでメールを削除する (Actadminの場合)
      ■方法2: Mail-Deleteでメールを削除する (Actadmin以外の場合)
       ※ WEBメールから削除したメールはサーバーから完全に削除されます。
         削除したメールは、メールソフトでは受信できなくなりますのでご注意下さい。

 

◆ 容量オーバーに関するFAQ
   「容量オーバーを起こしていた間に届いたメールを受信できますか?

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6人中6人が「役に立った」と言っています。
▼ 遅延してメールが届いたのですが・・・
原因をお調べいたします。
以下の情報を明記の上、サポートセンターまでお問合わせ下さい。
1.) 送信日時
2.) 送信者メールアドレス
3.) 宛先メールアドレス
4.) メールヘッダー情報 ※ある場合
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。

1 2

お問い合わせはこちら

よくある質問