CGI

よくある質問 メールに関するトラブル 目的から探す ご利用のサービスから探す ご契約・料金・手続きについて ドメインについて サポートセンターへお問い合わせ

▼ CGIプログラムの利用制限について [Actmail]

特に利用制限はございません。 
但し、著しくサーバーやネットワークに負荷がかかると判断した場合や、
約款に反するご利用をされていると判断された場合、お使い頂けなくなる
ことがございます。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ 各種設定パスについて [Actmail]
■フルパス
/home/sites/ご利用ドメイン名/htdocs/web

■PerlのPath
#!/usr/bin/perl

※必ず1行目に記述して下さい。
※#!/usr/local/bin/perlとした場合は動作しません。

■SendmailのPath
/usr/sbin/sendmail

■nkfのPath
/usr/local/sbin/nkf

※上記でうまくいかない場合は、/usr/bin/nkf でお試し下さい。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ SuExec環境について [Actmail]
Actadmin1.6以降はSuExec環境で動作しており、CGIプログラムはオーナ権限で実行されます。
CGIプログラムを実行するには、CGIのあるディレクトリおよびCGIファイルに
他のユーザーからの書込みができないようパーミッションを下記のとおりに
変更していただく必要があります。

CGIプログラム : 701 or 700
ログファイル  : 600
ディレクトリ(ロックディレクトリ等)  : 701 or 700
読出専用ファイル(ライブラリ,HTML等) : 600

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人が「役に立った」と言っています。
▼ フォームメールの設定方法
フォームメールとは、 Web画面上で入力された内容を、指定したメールアドレスに送信する機能です。
お問合わせフォームなどによく使われています。
  1. 入力画面用ページの作成
    入力画面用のページを作成します。
    サンプルをご用意しましたので下記からダウンロードしてご利用ください。
    ※ダウンロードしたものをそのままアップロードしても、フォームメールは作動しません。
    「2.フォームメールの設定」を行う必要があります。
    ■サンプルダウンロード
    ●LZH形式
    ●ZIP形式
    (サンプル見本はコチラから) 
    ※上記のサンプルのHTMLファイルをカスタマイズしてご利用して頂く事も可能です。

     

  2. フォームメールの設定
    ダウンロードしたHTMLファイルをテキストエディタ、もしくはホームページ作成ソフトの
    ソースの編集モード等、直接HTMLソースの編集ができるもので開いてください。
    以下のソースの部分を編集して頂くことになります。
    それぞれの設定については下記をご覧ください。
     






    = 以下、各項目の詳細について =========================== ===

     

    1行目はCGIの読み込み部分です。
    index.htm や cgi-bin フォルダがある所に置く場合は、
    “./cgi-bin/formmail/form.cgi” にしてください。

    form フォルダ等を作成してそこにフォームを置いた時は
    ./cgi-bin/formmail/form.cgi” を “../cgi-bin/formmail/form.cgi” に変更してください。
    <設定必須>

     ご意見/ご感想“>

    2行目は送信されるメールのタイトルの設定です。(VALUE=”ご意見/ご感想“)
    “”で囲まれた中(オレンジ色の部分)を変更すると送信されるメールのタイトルが変わります。
    <省略可能> 

     送信先メールアドレス“>

    3行目は送り先のメールアドレスの設定です。
    “” で囲まれた中にフォームの内容を送る先のアドレスを記載してください。

    【例】
    example@example.com“>

    <設定必須>

     URLアドレス“>

    4行目はメール送信後に画面遷移するホームページのURLです。
    “” で囲まれた中(オレンジ色の部分)を変更すると、
    メール送信後に画面遷移するホームページURLが変わります。

    お問い合わせフォームからメール送信した後に、お礼ページに行くように設定したりします。                   
    画面遷移後のURLは、フルパスで書いてください。

    【例】 
    https://www.ktk-sol.co.jp/“>
    <省略可能>

     

    5行目は入力されているかをチェックするためのものです。
    入力フォーム(サンプル)の所に、
    と書かれている部分があります。

    にした場合は、
    と 変える必要があります。
    <省略可能>

     

    6行目はメールアドレスの入力欄に書かれたメールアドレスを送り主のメールアドレスにします。
    ※フォームメールは通常、送り主がないため。
    入力フォームの所に
    と書かれている部分があります。
    にした場合は、
     と 変える要があります。
    STYLE=”ime-mode:disabled;” は、IME の日本語入力を規制するためのものです。

    <省略可能>

     

    7行目はメールを送る前に内容確認画面を出すためのものです。
    <省略可能>

     

    8行目は入力エラーや確認画面の背景色(BGCOLOR)・文字色(TEXT)を指定するためのものです。
    上記は改行されているように見えますが、改行しないように指定してください。
    指定する際に
     「 」
    とすると、背景色のみの指定となります。

    ※RGB値(色)につきましては、下記ページやホームページ作成本等をご参照下さい。
    <省略可能>

     ================== ================== ========

  3. ファイルのアップロード
    設定の終了したHTMLファイルを上書き保存し、FTPソフトでサーバーにアップロードします。

     

  4. パーミッションの変更
    Actadmin1.6以降をご利用のお客様は、下記のとおりCGIファイル、
    CGIファイルのディレクトリのパーミッションを変更してください。

     ■ CGIプログラム : 701
     ■ CGIプログラムが入ったディレクトリ : 701
■ コマンド
_sent” VALUE=”example@example.com“>

コマンド名 設定内容 有効なタイプ
メールアドレス _sent hidden
メールのタイトル _subject hidden
送信後のページ _location hidden
Eメール欄設定 _emailset hidden
必須入力設定 _indispen hidden
送信前確認表示 _check hidden
色指定設定 _body hidden

 

 

 

 

 

 

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ アクセスカウンターの設定方法
■ アクセスカウンターのサンプル
ncounter-1

  1. 下記URLからプログラムをダウンロードして、解凍します。
    ■ アクセスカウンターCGIプログラム
      https://www.ktk-sol.co.jp/download/cgi/daycounter.zip

    setting-1  

     

  2. 圧縮されたdaycounterフォルダを解凍ソフトを使って解凍します。
    解凍ソフトがない場合は、別途ダウンロードしてください。
    daycounter-fkaitousetting-2

     

  3. 解凍したら、サーバーにアップロードします。
    ※FTPソフトの設定は、こちら をご参照ください。
    アップロード後、下記ファイルのパーミッションを変更してください。
    daycount.cgi   ・・・ 701 (755)
    daycount.dat  ・・・ 600 (666)
    gifcat.pl     ・・・ 600 (644)

    ftp_cunter

  4. パーミッションの変更が完了したら、チェックモードで起動します。
    下記URLにアクセスしてください。
    http://ドメイン名/CGI/daycount.cgi?check
    ※daycounterフォルダをアップロードした場所によって、ドメイン名の後ろが異なります。

    cgi_check
    エラーが表示されていなければ、設置完了です。

     

  5. 下記のHTMLタグをTOPページ(index.html)に貼り付けます。
    <CENTER><TABLE>
    <TR>
     <TD>あなたは累計</TD>
     <TD>
      <TABLE>
      <TR>
       <TD><img src=”daycounter/daycount.cgi?gif”></TD>
      </TR>
      </TABLE>
     </TD>
     <TD>人目の訪問者です。</TD>
    </TR>
    </TABLE>
    (本日は<img src=”daycounter/daycount.cgi?today”>番目のアクセスです。
    また昨日は<img src=”daycounter/daycount.cgi?yes”>人のご来場者がありました)
    </CENTER>

     

  6. TOPページにアクセスし、アクセスカウンターが表示されることを確認してください。
    動作しない場合は、こちら をご参照ください。
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ フォームメール・アクセスカウンターが動きません
フォームメールやアクセスカウンタが設置されているページの
URLやエラー内容を サポートセンターまでお知らせください。

弊社で、動作するよう修正を承ることはできませんが、
どのような理由で動作しないか、原因についてお調べいたします。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ 作成したプログラムが動かないのですが、原因について調べてほしい
Apacheのエラーログをお調べすることは可能ですが、
作成したプログラムの動作検証・プログラム解析はサポート対象外となります。
作成されたお客様で行うようにして下さい。
このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。

お問い合わせはこちら

よくある質問