その他

よくある質問 メールに関するトラブル 目的から探す ご利用のサービスから探す ご契約・料金・手続きについて ドメインについて サポートセンターへお問い合わせ

▼ ホームページのバックアップのとり方

作成中

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ WordPress管理画面にBasic認証を設置する方法
  1. .htaccessの作成

    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記を入力します。
    入力後、ファイル名「htaccess.txt」として保存します。

    <Files wp-login.php>
       AuthType Basic
       AuthName "Please enter your ID and password"
       AuthUserFile /home/sites/お客様のドメイン名/htdocs/.htpasswd
       require valid-user
    </Files>
    

    ※4行目に日本語が含まれている場合、文字化けする可能性が高いので注意!

  2. .htpasswdの作成

    ※.htpasswdとは、.htaccessでBasic認証を行う際のIDとパスワードが記述されている
    ファイルのことです。中身は、テキスト形式で1行1アカウントで構成されています。
    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記1行を入力します。
    入力後、ファイル名「.htpasswd.txt」として保存します。

    ユーザー名:暗号化されたパスワード

    パスワードは暗号化がされているため、.htaccessのようにテキストエディタで
    そのままパスワードを記入して作成しても、認証は行えません。任意のパスワードを
    暗号化するためには、こちらの「簡易版パスワード生成ツール」をご利用ください。
    作成すると、下記のような例になります。

    nagoya:PNdiyokIE6mfc
    
  3. FTP接続

    FTP接続し、「.htaccess」と「.htpasswd」をそれぞれの保存先にアップロードします。

  4. .htaccessの保存先

    .htaccessは、wordpressの「wp-login.php」と同ディレクトリ内に設置します。
    【例】下記WordPress管理画面が下記URLの場合
        http://example.com/worpdpress/wp-login.php
    basicw1

  5. .htpasswdの保存先

    /webと同階層
    basicw5

  6. ファイル名のリネーム

    アップロード後、それぞれファイル名を変更します。
    【変更前】htaccess.txt   ⇒ 【変更後】.htaccess
    【変更前】htpasswd.txt ⇒ 【変更後】.htpasswd
    basicw3

  7. 動作確認

    Basic認証をかけたいページにアクセスし、下記のようなダイアログボックスが
    出てきたらアクセス制限がかかっています。
    設定したユーザ名とパスワードを入力し、認証が通るか確認してください。
    basic6

    WordPressログイン画面が表示されたら、Basic認証の設置は完了です。
    basicw2

    認証エラーになる場合は、以下の理由が考えられます。
    1.)「ユーザ名」「パスワード」のタイプミス
    2.)「.htaccess」と「.htpasswd」の置き場所が間違っている
    3.)「.htaccess」に記述した4行目のパスが間違っている

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人が「役に立った」と言っています。
▼ Basic認証の設置方法
  1. .htaccessの作成

    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記4行を入力します。
    入力後、ファイル名「htaccess.txt」として保存します。

    AuthType Basic
    AuthName "Please enter your ID and password"
    AuthUserFile /home/sites/お客様のドメイン名/htdocs/.htpasswd
    require valid-user
    

    ※2行目に日本語が含まれている場合、文字化けする可能性が高いので注意!

  2. .htpasswdの作成

    ※.htpasswdとは、.htaccessでBasic認証を行う際のIDとパスワードが記述されている
    ファイルのことです。中身は、テキスト形式で1行1アカウントで構成されています。

    メモ帳などテキストエディタを起動し、下記4行を入力します。
    入力後、ファイル名「.htpasswd.txt」として保存します。

    ユーザー名:暗号化されたパスワード

    パスワードは暗号化がされているため、.htaccessのようにテキストエディタで
    そのままパスワードを記入して作成しても、認証は行えません。任意のパスワードを
    暗号化するためには、こちらの「簡易版パスワード生成ツール」をご利用ください。
    いくつかアカウントを作成すると、下記のような例になります。

    tokyo:PNdiyokIE6mfc
    nagoya:j8lqlsKu0rihA
    osaka:YmOOnulbzkqdM
    
  3. FTP接続

    FTP接続し、「.htaccess」と「.htpasswd」をそれぞれの保存先にアップロードします。
    basic3

  4. .htaccessの保存先

    .htaccessは、アクセスを制限したいディレクトリに設置します。
    【例】下記ページにBasic認証をかける場合(member配下のページにBasic認証をかける場合)
        http://example.com/member/
    basic2

  5. .htpasswdの保存先

    /webと同階層
    basic1

  6. ファイル名のリネーム

    アップロード後、それぞれファイル名を変更します。
    【変更前】htaccess.txt ⇒ 【変更後】.htaccess
    【変更前】htpasswd.txt ⇒ 【変更後】.htpasswd
    basic4

  7. 動作確認

    Basic認証をかけたいページにアクセスし、下記のようなダイアログボックスが
    出てこればアクセス制限がかかっています。
    設定したユーザ名とパスワードを入力し、認証が通るか確認してください。
    basic6

    認証エラーになる場合は、以下の理由が考えられます。
    1.)「ユーザ名」「パスワード」のタイプミス
    2.)「.htaccess」と「.htpasswd」の置き場所が間違っている
    3.)「.htaccess」に記述した3行目のパスが間違っている

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ FTP接続元の制御をするには?
.ftpaccessで特定の接続元を許可することができます。
この設定は主に固定IPアドレスから接続を行う場合に有効です。
なお、この設定を誤ると、FTP接続ができなくなりますので十分ご注意下さい。


メモ帳等のテキストエディタで、下記内容の設定ファイルを作り
「ftpaccess.txt 」という名前で保存します。

■特定の接続元からのみFTP接続を許可する場合
***.***.****.***部分は許可する接続元IPアドレスが入ります。
================================================
<Limit ALL>
Order Allow,Deny
Allow from ***.***.***.*** (または Allow from ***.***.***.***/**)
Deny from all
</Limit>
================================================


サーバー初期フォルダである/web と同じ場所にこのファイルをアップロードし、その後「.ftpaccess」
というファイル名に変更して下さい。


動作確認を行って下さい。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ サーバーのIPアドレス確認方法
ドメインのIPアドレスについて
DNS管理を弊社にて行っており、各ドメインには弊社指定のIPアドレスが割り当てられます。
以下、一般的なWindowsOSのIPアドレスの確認方法についてご案内しております。
⇒MacOSのでIPアドレスを調べたい場合はこちら

  1. 「スタート」-「ファイル名を指定して実行」をクリックします
  2. ip4_R

  3. cmd と入力し[OK]ボタンをクリックします。
  4. ip2

  5. コマンドプロンプトが起動します。


  6. 「ping(スペース)ドメイン」と入力し、[Enter]をクリックします。
  7. 2行目に表示される数字がサーバーのIPアドレスです。
    ※タイムアウトするのは、弊社サーバーの仕様です。
    ip5


    その他、IPアドレス確認ツールもございます。
    ■ドメイン/IPアドレス サーチ
     http://www.cman.jp/network/support/ip.html

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。
▼ hostsファイルの書換え方法(Windows)
hostsファイルとは・・・
 hostsファイルとは、WindowsOSのシステムファイルの一つです。
 hostsによるサーバIPの指定は本来のDNSより優先度が高く、
 hostsファイルを書き換えることによって本来のDNSサーバを無視して
 任意のサーバを強制的に参照することができます。
 その為、DNS切替え前のホームページの動作確認を行う場合に有効です。

【注意点】
■ この作業は、WindowsOSのシステムファイルを一部書き換えるため、
 最悪システムが破損する危険性が伴います。細心の注意を払い作業を行って下さい。

■この作業によって生じたいかなる損害についても弊社では一切の責任を負いかねます。
 お客様責任の元、作業を実施して下さい。

■ ホームページの動作確認後は必ずhostsファイルに追加した部分を削除して下さい。

■ hostsファイルの書換えはAdministrator権限で実行して下さい。

  1. 「スタート」-「ファイル名を指定して実行」をクリックします

    hosts1

  2. 「名前(O):」に「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts 」と入力し、
    [OK]ボタンをクリックします。

    host2

  3. 「hosts」をテキストエディタで開きます。

    host6_R

  4. 下記画面が表示されます。

    host10

  5. 最終行に下記のように一行追加し、上書き保存します。

    サーバIPアドレスはこちらからご確認ください。
    (例)122.219.254.103      example.com       www.example.com
       サーバIPアドレス(タブ空白)お客様ドメイン(タブ空白)www.お客様ドメイン
    host11

  6. 画面左下の「スタート」ボタンから「コマンドプロンプト」 を起動し、
    「ping 該当ドメイン」を入力。[Enter]を押します。
    2行目に表示されるIPアドレスとhostsファイルに追加したIPアドレスが一致していれば、
    hostsファイルの書き換えは完了です。

    image55

 
 【参 考】
   hostsファイルの書換え方法(Mac) は、こちら をご参照ください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人が「役に立った」と言っています。
▼ hostsファイルの書換え方法(Mac)
hostsファイルとは・・・
 hostsファイルとは、MacOSのシステムファイルの一つです。
 hostsによるサーバIPの指定は本来のDNSより優先度が高く、
 hostsファイルを書き換えることによって本来のDNSサーバを無視して
 任意のサーバを強制的に参照することができます。
 その為DNS切替え前のホームページの動作確認を行う場合に有効です。

【注意点】
■ この作業は、MacOSのシステムファイルを一部書き換えるため、
 最悪システムが破損する危険性が伴います。細心の注意を払い作業を行って下さい。

■ この作業によって生じたいかなる損害についても弊社では一切の責任を負いかねます。
 お客様責任の元、作業を実施して下さい。

■ ホームページの動作確認後は必ずhostsファイルに追加した部分を削除して下さい。

■ hostsファイルの書換えはAdministrator権限で実行して下さい。

  1. Macを起動し「移動」、「フォルダへ移動」の順でクリックします

    mac_hosts1

  2. 「フォルダの場所を入力:」に「/etc」を入力し、[移動]ボタンをクリックします。

    mac_hosts2

  3. 「hosts」ファイルをテキストエディタで開きます。

    mac_hosts3

  4. 「hosts」ファイルが表示されます。最終行に下記のように一行追加します。
    (例)122.219.254.103      example.com       www.example.com
       サーバIPアドレス(タブ空白)お客様ドメイン(タブ空白)www.お客様ドメイン

    mac_hosts4

  5. 上書き保存します。表示された確認画面で[保存]をクリックします。

    mac_hosts5

  6. Administrator権限を持っていないユーザーの場合、
    上書き保存の際下記の様にAdministrator権限を持つ
    ユーザーのアカウント名とパスワードを求められる場合が有ります。

    mac_hosts6

  7. IPアドレスを確認します。
    IPアドレスを確認するには、WEBブラウザを起動し、こちら(外部サイト)にアクセスします。
    入力フォームにhostsファイルに設定したドメインを入力し、
    チェックボックスにチェックを入れ、[管理情報照会実行]をクリックします。

    mac_hosts7

  8. 「正引きIPアドレス」とhostsファイルに書き込まれたIPアドレスが一致していれば、
    hostsファイルの書き換えは完了です。

    mac_hosts8

 
 【参 考】
   hostsファイルの書換え方法(Windows) は、こちら をご参照ください。

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人が「役に立った」と言っています。

お問い合わせはこちら

オンラインサポート

目的から探す

ご利用のサービスから探す

ドメインについて

ご契約・料金・手続きについて

よくある質問